>> HOME >> FC5 MENU >> パッケージ管理ユーティリティ yum(yellowdog updater modified)
yum とは、Fedora に標準でついてくる、ソフトウェアを管理する為のプログラムです。 yum を使用する事で、簡単にソフトウェアをインストールしたり、ソフトウェアを最新の状態に保つ事ができます。

1. パッケージ管理ユーティリティの初期設定
1 ) RPMパッケージダウンロード元ミラーリスト(core版) の作成
2 ) ミラーリスト(core版) を yum 設定ファイル(core版) に反映
3 ) RPMパッケージダウンロード元ミラーリスト(updates版) の作成
4 ) ミラーリスト(updates版) を yum 設定ファイル(updates版) に反映
5 ) RPMパッケージダウンロード元ミラーリスト(extras版) の作成
6 ) ミラーリスト(extras版) を yum 設定ファイル(extras版) に反映
2. インストール済パッケージの一括アップデート
3. インストール済パッケージ自動アップデートサービスの起動と自動起動設定
1 ) インストール済パッケージ自動アップデートサービスの起動
2 ) インストール済パッケージ自動アップデートサービスの自動起動設定
4. yum 主要コマンド一覧
1. パッケージ管理ユーティリティの初期設定
パッケージのダウンロードを高速化する為、RPM パッケージダウンロード元サーバーを国内のミラーサイトに限定します。
1 ) RPMパッケージダウンロード元ミラーリスト(core版) の作成
[root@linux ~]# vi /etc/yum.repos.d/local-core 

http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/core/$releasever/$basearch/os/
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/core/$releasever/$basearch/os/
2 ) ミラーリスト(core版) を yum 設定ファイル(core版) に反映
[root@linux ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-core.repo 

[core]
name=Fedora Core $releasever - $basearch
#baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/$releasever/$basearch/os/
# mirrorlist を上で作成したファイルに変更
# mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/fedora-core-$releasever
mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-core
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY
3 ) RPMパッケージダウンロード元ミラーリスト(updates版) の作成
[root@linux ~]# vi /etc/yum.repos.d/local-updates 

http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
4 ) ミラーリスト(updates版) を yum 設定ファイル(updates版) に反映
[root@linux ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo 

[updates]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Updates
#baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/updates/$releasever/$basearch/
# mirrorlist を上で作成したファイルに変更
# mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/updates-released-fc$releasever
mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-updates
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora
5 ) RPMパッケージダウンロード元ミラーリスト(extras版) の作成
[root@linux ~]# vi /etc/yum.repos.d/local-extras 

http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/extras/$releasever/$basearch/
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/extras/$releasever/$basearch/
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/extras/$releasever/$basearch/
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/extras/$releasever/$basearch/
6 ) ミラーリスト(extras版) を yum 設定ファイル(extras版) に反映
[root@linux ~]# vi /etc/yum.repos.d/fedora-extras.repo 

[extras]
name=Fedora Extras $releasever - $basearch
#baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/extras/$releasever/$basearch/
# mirrorlist を上で作成したファイルに変更
# mirrorlist=http://fedora.redhat.com/download/mirrors/fedora-extras-$releasever
mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/local-extras
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-extras
2. インストール済パッケージの一括アップデート
yum はインストールされている全てのパッケージを以下のコマンドで最新にアップデートすることができます。
また、パッケージ名を指定すると、指定されたパッケージのみを最新にアップデートすることができます。
※ 初回は大量にダウンロードしますので、気長に待ちましょう。
[root@linux ~]# yum -y update 
Loading "installonlyn" plugin
Setting up Update Process
Setting up repositories
core                                                                 [1/3]
core                      100% |=========================| 1.1 kB    00:00
updates                                                              [2/3]
updates                   100% |=========================|  951 B    00:00
extras                                                               [3/3]
extras                    100% |=========================| 1.1 kB    00:00
Reading repository metadata in from local files
  :
  :
Complete!
3. インストール済パッケージ自動アップデートサービスの起動と自動起動設定
1 ) インストール済パッケージ自動アップデートサービスの起動
[root@linux ~]# service yum start 
夜間 yum 更新の有効化中                      [  OK  ]
2 ) インストール済パッケージ自動アップデートサービスの自動起動設定
[root@linux ~]# chkconfig yum on 
[root@linux ~]# chkconfig --list yum 
yum            0:off  1:off  2:on  3:on  4:on  5:on  6:off
4. yum 主要コマンド一覧
コマンド概要
yum check-updateアップデート可能なパッケージの一覧を表示
yum clean allダウンロードしたパッケージと古いヘッダを削除する。
yum clean oldheaders古いヘッダを削除
yum clean packagesダウンロードしたパッケージを削除
yum info利用可能なパッケージの情報を表示
yum info package指定したパッケージの情報を表示
yum install package指定したパッケージをインストール
yum list利用可能なパッケージの一覧を表示
yum list installedインストール済みのパッケージ一覧を表示
yum list updatesアップデート可能なパッケージの一覧を表示
yum provides packageパッケージに含まれるファイルの一覧を表示
yum remove package指定したパッケージをアンインストールする。
指定したパッケージと依存関係があるパッケージは、削除するかどうか確認を求める
yum search keywordキーワードでパッケージを検索する。検索の対象は、RPMファイルのName、Packager、Dummary、Descriptionの各フィールド
yum updateアップデート可能な全パッケージをアップデート
yum update package指定したパッケージをアップデート