>> HOME >> FC5 MENU >> Apache 独自のエラーページを表示させる方法
存在しないページを指定した場合(404 Not Found)や、認証に失敗した場合(401 Unauthorized)などに表示されるエラーメッセージを、独自のものに変更します。
ここでは、よく見かける以下のページに限定して、変更します。

CodeMessage内容
401Unauthorized認証に失敗しました。
403Forbidden指定したページのアクセス権限がありません。
404Not Found指定したページが存在しません。
500Internal Server ErrorCGIなどの内部処理に問題があります。

1. エラーページの作成
2. Apache の設定
1 ) httpd 設定ファイル /etc/httpd/conf/httpd.conf の編集
3. Apache の再起動
1 ) httpd の再起動
1. エラーページの作成
独自のエラーページを作成し、ドキュメントルートなどに配置します。
以下は、当サイトが実際に使用しているエラーページです。

401 (Unauthorized) : 401.html
403 (Forbidden) : 403.html
404 (Not Found) : 404.html
500 (Internal Server Error) : 500.html
2. Apache の設定
1 ) httpd 設定ファイル /etc/httpd/conf/httpd.conf の編集
[root@linux ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf 
  :
  :
#
# Action lets you define media types that will execute a script whenever
# a matching file is called. This eliminates the need for repeated URL
# pathnames for oft-used CGI file processors.
# Format: Action media/type /cgi-script/location
# Format: Action handler-name /cgi-script/location
#

#
# Customizable error responses come in three flavors:
# 1) plain text 2) local redirects 3) external redirects
#
# Some examples:
#ErrorDocument 500 "The server made a boo boo."
#ErrorDocument 404 /missing.html
#ErrorDocument 404 "/cgi-bin/missing_handler.pl"
#ErrorDocument 402 http://www.example.com/subscription_info.html
# 以下を追加
ErrorDocument 401 /401.html
ErrorDocument 403 /403.html
ErrorDocument 404 /404.html
ErrorDocument 500 /500.html
  :
  :
3. Apache の再起動
1 ) httpd の再起動
[root@linux ~]# service httpd restart 
httpdを停止中:                                             [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]