>> HOME >> CentOS 4 MENU >> CyberPower製 BackupCR725 無停電電源装置(UPS)導入
以前使用していた無停電電源装置(APC製CS500)が壊れたので再導入しました。購入したのは CyberPower社製の Backup CR725 (CP725AVRLCDJP) です。付属の電源管理ソフトは Windows用ですので、CyberPower社のHP から Linux 対応監視ソフトウェアをダウンロードして使用します。
今回は CentOS 32bit なので PowerPanel(R) for Linux .rpm 1.2.3(Linux 32bit) をダウンロードします。
※ wgetでは取得できないので、ブラウザ等でダウンロードし、サーバへ転送しておきます。

1. 機器の接続
2. USB 通信ポートの認識作業
1 ) udev 設定ファイル /etc/udev/rules.d/50-udev.rules の編集
2 ) サーバーの再起動
3. PowerPanel(R) のインストール
4. PowerPanel(R) の起動と自動起動設定
1 ) PowerPanel(R) の起動
2 ) PowerPanel(R) の自動起動設定
5. PowerPanel(R) の設定確認
6. 動作確認
1 ) USP の状態確認
2 ) 停電模擬試験
1. 機器の接続
サーバーマシンと CyberPower社製 CR725 を 付属の USB ケーブルで繋ぎます。
電源ケーブルは、後ほど動作確認を行いますので、サーバーマシンは安全のため、通常のコンセントへ繋ぎます。
2. USB 通信ポートの認識作業
既に認識済みのUSB 通信ポートへ繋ぐ場合は、本作業は必要ありません。
USB 通信ポートが認識された場合は /dev/usb/hiddev0 などのデバイスが作成されます。
USB 通信ポートが自動で認識されない場合は以下の作業を行います。
1 ) udev 設定ファイル /etc/udev/rules.d/50-udev.rules の編集
[root@linux ~]# vi /etc/udev/rules.d/50-udev.rules 

# 最終行に以下を追加
BUS="usb", SYSFS[idVendor]="051d", NAME="usb/hiddev%n"
2 ) サーバーの再起動
[root@linux ~]# shutdown -r now 

Broadcast message from root (pts/0) (Sat Aug 19 12:17:24 2006):

The system is going down for reboot NOW!
3. PowerPanel(R) のインストール
[root@linux ~]# rpm -ivh PPL-1.2.3.i386.rpm 
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:powerpanel             ########################################### [100%]
Starting pwrstatd 1.2.3
Starting pwrstatd
Installation accomplish!
4. PowerPanel(R) の起動/停止と自動起動設定
PowerPanel(R) はインストール時に起動、及び自動起動設定がなされるので、通常は本作業の必要はありません。
1 ) PowerPanel(R) の起動/停止
[root@linux ~]# service pwrstatd start 
Starting pwrstatd 1.2.3
Starting pwrstatd

[root@linux ~]# service pwrstatd stop 
Shutting down pwrstatd 1.2.3
Shutting down pwrstatd                                     [  OK  ]
2 ) PowerPanel(R) 自動起動設定
[root@linux ~]# chkconfig pwrstatd on 
[root@linux ~]# chkconfig --list pwrstatd 
pwrstatd        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
5. PowerPanel(R) の設定確認
[root@linux ~]# /usr/sbin/pwrstat -config 

Daemon Configuration:

Alarm .............................................. On

Action for Power Failure:

        Delay time since Power failure ............. 60 sec.
        Run script command ......................... On
        Path of script command ..................... /etc/pwrstatd-powerfail.sh
        Duration of command running ................ 0 sec.
        Enable shutdown system ..................... On

Action for Battery Low:

        Delay time since Battery Low ............... 5 sec.
        Run script command ......................... On
        Path of command ............................ /etc/pwrstatd-lowbatt.sh
        Duration of command running ................ 0 sec.
        Enable shutdown system ..................... On



設定変更はコマンドを使用する様です。
<設定変更のサンプル>
# pwrstat -pwrfail -delay 60 -active on -cmd /etc/pwrstatd-powerfail.sh -duration 1 -shutdown on 
# pwrstat -lowbatt -runtime 300 -active on -cmd /etc/pwrstatd-lowbatt.sh -duration 1 -shutdown on 

ちなみに、設定ファイルは、/etc/pwrstatd.conf にあります。
/etc/pwrstatd.conf を編集して、PowerPanel(R) を再起動すれば反映されます。
6. 動作確認
1 ) USP の状態確認
[root@linux ~]# /usr/sbin/pwrstat -status 

The UPS information shows as following:

        Properties:
                Model Name................... CP725JPAVRLCD
                Firmware Number.............. BFO9103.5T1
                Rating Voltage............... 100 V
                Rating Power................. 435 Watt

        Current UPS status:
                State........................ Normal
                Power Supply by.............. Utility Power
                Utility Voltage.............. 102 V
                Output Voltage............... 102 V
                Battery Capacity............. 100 %
                Remaining Runtime............ 44 min.
                Load......................... 95 Watt(22 %)
                Line Interaction............. None
                Test Result.................. Unknown
                Last Power Event............. None

2 ) 停電模擬試験
実際には停電を起こすことは出来ないので、UPS のコンセントを抜き、サーバが停止するのを待ちます。
サーバを起動させた後、ログを確認します。
[root@linux ~]# cat  /var/log/pwrstatd.log 
 :
 :
2012/07/07 01:31:05 AM  Communication is lost.                                  
2012/07/07 01:31:08 AM  Utility failed.                                          
2012/07/07 01:31:08 AM  Battery capacity is low.                                │停電の部分 
2012/07/07 01:31:08 AM  Communication is established.                            
2012/07/07 01:31:11 AM  low Battery capacity is restored.                        
2012/07/07 01:31:40 AM  The UPS will be turned off at 10 min., 0 sec. later.     
2012/07/07 01:31:40 AM  Begin to shutdown PC immediately!                       │サーバ停止の部分 
2012/07/07 01:31:49 AM  Daemon stops its service.                  
 :
 :