>> HOME >> CentOS 4 MENU >> プリントサーバー (CUPS)
CUPS(Common Unix Printing System) は、印刷プロトコルとして IPP(Internet Printing Protocol) を採用し、PPD(PostScript Printer Description) ファイルのサポートや、ネットワークプリンタの自動検出機能、Web ベースの設定ツールを持つなどの特徴があります。
ここでは、プリンタドライバはクライアントに持たせ、サーバーは受け取ったデータをそのままプリンタに印刷命令を出すように設定します ( なので、プリンタのドライバなどはインストールしません )。
※ 当サイトと同様に CentOS をインストールされた場合は、CUPS は既にインストールされています。

1. USB プリンタの認識作業
2. CUPS の設定
1 ) CUPS 設定ファイル /etc/cups/cups.conf の編集
2 ) 受け取ったデータをそのままプリンタに送り出す設定
3. CUPS の起動と自動起動設定
1 ) CUPS の起動
2 ) CUPS の自動起動設定
4. CUPS へのプリンタの追加
1 ) CUPS へのプリンタの追加
2 ) 設定内容の確認と印刷テスト
5. Windows クライアントの印刷設定
1 ) プリンタの追加
2 ) 印刷テスト
1. USB プリンタの認識作業
サーバーに USB プリンタを接続しても、プリンタを認識してくれない場合は、以下のコマンドを実施します。
[root@linux ~]# modprobe lp 
[root@linux ~]# modprobe usblp 
2. CUPS の設定
1 ) CUPS 設定ファイル /etc/cups/cups.conf の編集
[root@linux ~]# vi /etc/cups/cupsd.conf 

  :
  :

########
######## Browsing Options
########

#
# Browsing: whether or not to broadcast and/or listen for CUPS printer
# information on the network.  Enabled by default.
#

#Browsing On
# ネットワーク上のプリンタを検索しない
Browsing Off

  :
  :

#
# Access permissions for each directory served by the scheduler.
# Locations are relative to DocumentRoot...
#
# AuthType: the authorization to use:
#
#    None   - Perform no authentication
#    Basic  - Perform authentication using the HTTP Basic method.
#    Digest - Perform authentication using the HTTP Digest method.
#
#    (Note: local certificate authentication can be substituted by
#           the client for Basic or Digest when connecting to the
#           localhost interface)
#
# AuthClass: the authorization class; currently only "Anonymous", "User",
# "System" (valid user belonging to group SystemGroup), and "Group"
# (valid user belonging to the specified group) are supported.
#
# AuthGroupName: the group name for "Group" authorization.
#
# Order: the order of Allow/Deny processing.
#
# Allow: allows access from the specified hostname, domain, IP address,
# network, or interface.
#
# Deny: denies access from the specified hostname, domain, IP address,
# network, or interface.
#
# Both "Allow" and "Deny" accept the following notations for addresses:
#
#     All
#     None
#     *.domain.com
#     .domain.com
#     host.domain.com
#     nnn.*
#     nnn.nnn.*
#     nnn.nnn.nnn.*
#     nnn.nnn.nnn.nnn
#     nnn.nnn.nnn.nnn/mm
#     nnn.nnn.nnn.nnn/mmm.mmm.mmm.mmm
#     @LOCAL
#     @IF(name)
#
# The host and domain address require that you enable hostname lookups
# with "HostNameLookups On" above.
#
# The @LOCAL address allows or denies from all non point-to-point
# interfaces.  For example, if you have a LAN and a dial-up link,
# @LOCAL could allow connections from the LAN but not from the dial-up
# link.  Similarly, the @IF(name) address allows or denies from the
# named network interface, e.g. @IF(eth0) under Linux.  Interfaces are
# refreshed automatically (no more than once every 60 seconds), so
# they can be used on dynamically-configured interfaces, e.g. PPP,
# 802.11, etc.
#
# Encryption: whether or not to use encryption; this depends on having
# the OpenSSL library linked into the CUPS library and scheduler.
#
# Possible values:
#
#     Always       - Always use encryption (SSL)
#     Never        - Never use encryption
#     Required     - Use TLS encryption upgrade
#     IfRequested  - Use encryption if the server requests it
#
# The default value is "IfRequested".
#

<Location />
Order Deny,Allow
Deny From All
Allow From 127.0.0.1
# プリンタを利用するローカルネットワークを指定
Allow From @LOCAL
</Location>

  :
  :

<Location /admin>
#
# You definitely will want to limit access to the administration functions.
# The default configuration requires a local connection from a user who
# is a member of the system group to do any admin tasks.  You can change
# the group name using the SystemGroup directive.
#

AuthType Basic
AuthClass System

## Restrict access to local domain
Order Deny,Allow
Deny From All
Allow From 127.0.0.1
# ブラウザ経由で設定を行うローカルネットワークを指定
Allow From @LOCAL

#Encryption Required
</Location>

#
# End of "$Id: cupsd.conf.in,v 1.16 2004/08/18 17:53:47 mike Exp $".
#
2 ) 受け取ったデータをそのままプリンタに送り出す設定
Windows のプリンタドライバは出力データをフォーマットしてから、ネットワークにそのデータを送ります。
Windows 側のフォーマット済の出力データに対応するために CUPS を設定します。
/etc/cups/mime.types を編集します。
[root@linux ~]# vi /etc/cups/mime.types 

  :
  :

########################################################################
#
# Raw print file support...
#
# Uncomment the following type and the application/octet-stream
# filter line in mime.convs to allow raw file printing without the
# -oraw option.
#

# コメントを解除
application/octet-stream

#
# End of "$Id: mime.types,v 1.30 2004/09/23 14:30:19 mike Exp $".
#
次に /etc/cups/mime.convs を編集します。
[root@linux ~]# vi /etc/cups/mime.convs 

  :
  :

########################################################################
#
# Raw filter...
#
# Uncomment the following filter and the application/octet-stream type
# in mime.types to allow printing of arbitrary files without the -oraw
# option.
#

# コメントを解除
application/octet-stream       application/vnd.cups-raw        0       -

#
# End of "$Id: mime.convs,v 1.20 2004/02/25 20:14:51 mike Exp $".
#
3. CUPS の起動と自動起動設定
1 ) CUPS の起動
[root@linux ~]# service cups start 
cups を起動中:                                             [  OK  ]
2 ) CUPS の自動起動設定
[root@linux ~]# chkconfig cups on 
[root@linux ~]# chkconfig --list cups 
cups            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
4. CUPS へのプリンタの追加
1 ) CUPS へのプリンタの追加
クライアントより [ http://192.168.1.11:631/ ] でアクセスします。
Do Administration Tasks」 をクリックします ( 631 は CUPS へアクセスするポート番号 )。
Common UNIX Printing System
Linux の root ユーザーとパスワードを聞いてきますので入力し、「OK」 ボタンをクリックします。
ポップアップ
Add Printer」 をクリックします。
Admin
サーバに接続されたプリンタの情報を入力します。入力が終わったら 「Continue」 をクリックします。
  Name:PX-V630
  Location:CentOS Print Server
  Description:EPSON PX-V630
Add New Printer
プリンタ、及び接続先をドロップダウンリストから選択し、「Continue」 を選択します。
  Device:USB Printer #1 (EPSON PX-V630)
Device for PX-V630
メーカ名などが表示されますが、当サイトの設定ではプリンタにそのままのデータを送り出す為、「Raw」 を選択し、「Continue」 を選択します。
Model/Driver
Raw Queue(en)」 を選択し、「Continue」 を選択します。
Model/Driver
以下の画面が表示されれば、設定は完了です。
successfully
2 ) 設定内容の確認と印刷テスト
Printers」 を選択すると、下記画面が表示されます。設定内容を確認してください。
また、同ページ内の 「Print Test Page」 を選択すると印刷テストが行えます。
Printers
ここまでの設定は、/etc/cups/printers.conf に記述されます。
[root@linux ~]# cat /etc/cups/printers.conf 

# Printer configuration file for CUPS v1.1.22rc1
# Written by cupsd on 2006年08月13日 15時38分16秒
<DefaultPrinter PX-V630>
Info EPSON PX-V630
Location CentOS Print Server
DeviceURI usb://EPSON/PX-V630
State Idle
Accepting Yes
JobSheets none none
QuotaPeriod 0
PageLimit 0
KLimit 0
</Printer>
5. Windows クライアントの印刷設定
1 ) プリンタの追加
クライアント(Windows)より [スタート] → [設定(S)] → [プリンタとFAX(P)] → [プリンタのインストール] を選択します。プリンタの追加ウィザード」が起動しますので、「次へ」 をクリックします。
プリンタの追加ウィザード
ネットワークプリンタ、またはほかのコンピュータに接続されているプリンタ」 を選択し 「次へ」 をクリックします。
設定するプリンタの種類
インターネット上または自宅/会社のネットワーク上のプリンタに接続する」 を選択し、 「URL:」 には 「http://192.168.1.11:631/printers/PX-V630」 とし、「次へ」 をクリックします。
プリンタの指定
プリンタドライバの選択画面が表示されるので適切なプリンタドライバをクライアント(Windows)にインストールします。
プリンタドライバのインストール
プリンタドライバがインストールされ、プリンタの追加ウィザードの完了が表示されればクライアントの設定は完了です。
プリンタの追加ウィザードの完了
2 ) 印刷テスト
クライアント(Windows)より [スタート] → [設定(S)] → [プリンタとFAX(P)] を開きます。
上で追加したプリンタで右クリックし、ポップアップメニューから、[プロパティ] を選択します。
プリンタのプロパティダイアログの [全般] タブを選択し、「テストページの印刷(T)」 をクリックします。